一躍のバンドブームに影響を受けたバンド

私の高校時代に、バンドブームが到来して、周りの友人誰もが楽器を手にする時期がありました。
その中でも、ギターは大人気で、皆で競って虜になりましたが、私はXJAPANのYOSHIKIの影響でドラムの虜になり、学業をそっちのけで、バイトに明け暮れて、トレーニングドラムセットと、本格的なヤマハのドラムセットを購入し、家のガレージで日常的に叩きまくっていました。
当時、周りの友人たちは、ボーカルやギタリストはたくさんいましたが、ベーシストやキーボードは少なく、ドラマーとなると私以外には誰もやってなく、バンドの勧誘が頻繁に行われ、私は引っ張りだこ状態になりました。
その中でも、友人の影響で洋楽のハードロックにハマっていて、ガンズ&ローゼスが、大のお気に入りでした。
そして、学校の文化祭で、ガンズ&ローゼスの代表曲である、「welcome to the jungle」と「sweet of child mine」の2曲をコピーし、披露する運びとなりました。
私個人では、自宅のガレージで練習出来るのですが、バンドの全体練習は、学校の放課後の限られた時間でしか、音合わせが出来ませんでした。
2曲とも、出だしがギタリストのスラッシュが奏でるカッコいい入り方の曲なので、ギターは飛びきり上手い友人を誘いました。
私もそうでしたが、他校の文化祭の助っ人として、掛け持ちでしたので、音合わせの時間は、とても貴重でした。
全体練習が終わった後は、ベースの友人を誘って、自宅で二人で猛練習を積みました。
文化祭当日は、自宅から兄や友人に手伝ってもらって、ドラムセットを持ち込み、ガンズになりきって、思い切りプレイしました。
当時、洋楽を知らない生徒もいましたが、ガンズの名曲は聴いた事はあるだろうと思い選曲しましたが、文化祭が終わった日から、いろんな生徒にあの演奏してた曲のアーティストのCDやビデオを貸してと、問い合わせが殺到して、演奏してよかったという思い出があります。

スケッチから生まれたスーパーバンド

・好きな音楽のジャンル
ブルースです
・好きなアーティスト
沢山いらっしゃいますがここでは「THE BLUES BROTHERS」を紹介します
・特に好きなアルバム、カップリング曲
映画のサントラですが「Original Soundtrack Recording」です。
・好きなところ
バリエーション豊かでロック、ソウル、ゴスペル、ブルースまで何でもありの玉手箱のようなアルバムです
・おすすめできるポイント
ブルースが苦手でもこのアルバムを聞くと踊ってしまう位バリエーションが豊かでいろんなサウンドで楽しめます
ただの映画のサウンドトラックではなく演奏の素晴らしいライブ感溢れる素敵なアルバムです
・まずは何を聞くのがおすすめ?
彼らが歌う「Sweet Home Chicago」ですね。
・思い入れ
この映画は元々大好きなブルースミュージシャンが参加していたことと大好きな「ジョン・ベルーシ」「ダン・エイクロイド」が出演していたことから聴き始めました。
スケッチ(コント)から派生したものとは思えない本格さと素晴らしいミュージシャン達の競演に感動しました
・思い出
周りにこういった音楽をきく仲間がおらず、いつも1人で聴いていました。
・好きになったきっかけ
元々現在も続いている番組「サタデーナイトライブ」が大好きで毎週深夜に放送されるスケッチや音楽を楽しみにしていました。
「Honey Bees」の音楽を聴いて衝撃を受けました。「The Blues Brothers」を観たときに黒ずくめで踊り歌う姿にかっこよさを感じました

amazarashiについて

好きなジャンル
ロックやJpop

好きなアーティスト
amazarashiは

このバンドの魅力
まずこのバンドはメディア出演がほとんどなく自分が知っている限りではラジオの「shool of rock」という番組のみだけで、しかも所属しているソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズとはメールだけのやり取りで打ち合わせなどをしていることなど今まで聞いたことないスタイルのバンドです。
そして一番ほかのバンドやアーティストと変わっていることはライブです。普通は顔を出してライブ会場は明るい雰囲気にしていますがamazarashiはボーカルの秋田ひろむさんがメディアに顔出ししていないのでバンドの顔がわからないようにライブ会場が暗めでYouTubeで見た限りでは会場の雰囲気が暗めです。そのようなところが普通のバンドと違っている。そういうところがamazarashiの魅力です。

好きになったきっかけ
当時高校3年生の時にロックにはまっていてクラスの人や周りの人が知らないバンドを探していていつものようにYouTubeで探していて右の次の動画の欄にアノミーという曲があってなんだろうと思ってその動画を見っていたらPVの世界観に引き込まれ、その歌声は結構低くその歌声もそのPV要素でもあった。
そしてその人が出している別の歌も聞いてみるとそれらの歌のPVにも引き込まれそこからamazarashiというバンドが好きになった。学生時代はお金にも困っていたのに<a href=”http://xn--nckuaf5b1a5b1c4eub8bw565pbwi.com/“>アメックスの審査</a>が緩いと聞いて申込み、カードのリボ払いで買いまくってました。

好きな歌
amazarashiの曲は大体全部好きなのですが
最近の曲はは「もう一度」という曲です。
昔のでいうと「奇跡」と「クリスマス」と「季節は次々死んでいく」です。

心が踊りだす幸せな一曲♪

2011年、フジロック。
アウトドアが苦手にも関わらず、私はフジロックに参加した。
知人がどうしても行こうというので正直なところ”仕方なく”という感じだった。
でも当時大好きだった「ハナレグミ」が出演するというので重すぎる腰をあげて東京から新潟へ向かった。

会場に到着すると参加者のお客さんの格好をみてびっくり!みんな本格的なアウトドア仕様!
私といえば、100円ショップのうす〜いレインコート(当日は雨が降っていた)に、花柄のチープな長靴、TシャツにUVカットのカーディガン。
周りのみなさんと比べるとピクニックに来た人のようでかなり浮いていた。。

そしてフジロックというのは苗場の森の中をステージからステージへと移動して行き、ステージももちろん森の中、草の上。
雨でグズグズになった地面にこれまた100円ショップで購入したシートをひいてライブを見ていた。
「ハナレグミ」のステージを見たいと思い、知人とは別行動し、ひとりで座っていた。

「ハナレグミ」のステージの時間になるとパラパラ降っていた雨もあがった。
ステージが良く見える少し離れた場所に陣取っていた私は拍手の音で彼がステージに登場したことに気がついた。
「イエ〜イ!!」という「ハナレグミ」の軽やかな声でステージは始まった。ひとりぼっちで見ていた私も自然とワクワクしていた。

ライブも中盤、「オアシス」という、ライブ時はまだリリース前だった新曲を歌い出したハナレグミ。
この曲が私の心の中に最も大きな、そして楽しい幸せな思い出を残してくれた。
歌詞にある「リズムにのって まわれ まわれ まわれ」というフレーズで、大観衆がみ〜んな回りだすのだ。大の大人が嬉しそうにくるくると。
気がつくと私も立ち上がりくるくる回って笑っていた。隣に座っていたおじさんも回っていた。
ステージの横からシャボン玉が舞い、雨上がりの青空が見えていた。
「あ〜、、なんて幸せな光景なんだろう」と思った。

2011/09/07にこの曲を含むアルバムが発売されるとすぐに購入し、
iPhoneのミュージックプレイリストの元気を出したい時の1曲目にもこの曲「オアシス」を入れた。
フジロックの光景が忘れられず、自身の結婚披露宴でこの曲「オアシス」をかけシャボン玉を飛ばしてしまった。
この曲を聞いてたくさんの幸せな時間と、何かを乗り越える元気をもらってきた。
「ハナレグミ/オアシス」は私の人生で一番大好きな曲だ!

No B’z No Life

中学生の頃にB’zが売れ始めて、CMや音楽番組でよく聞くようになったのですが、最初はあまり興味がありませんでした。
当時好きだった男の子が、たまたま廊下で友達にアルバム「RISKY」を借りているところを目撃して、どんな音楽なのか聴いてみたくなり、レンタルしに行ったのがきっかけとなって、段々好きになっていきました。
決定的にハマったのは、シングルの「LADY NAVIGATION」のカップリングだった「Pleasure’91」を聴いた時です。
あまりのかっこよさに衝撃が走りました!
それからアルバムを借りてきて聴いていたのですが、高校生になり仲良くなった友達がみんなB’zファンで、ファンクラブに入っている子もいたので、その子にいろいろ教えてもらったり、聴いたことのなかった過去のアルバムを貸してもらったりして、ライブビデオも見てどっぷりハマっていき、遂にファンクラブに入会してしまいました。
初めて行ったライブはRUNツアーで、それからは全ツアーほぼ参加しています。
最初は1回行けるだけで満足していたのですが、バイトをして段々金銭的にも余裕が出てきたので、まずは地元に来たら全部行くようになって、大学生の頃に遠征もするようになって、現在も北は北海道から南は沖縄まで、その時の仕事の具合にもよりますが、いろんな地方に旅行を兼ねて行っています。
だいたい高校時代からの友人と一緒に行きますが、1人で行くのも平気です。
人生で辛いことがあった時、B’zの曲を聴いてどれだけ救われたかわかりません。
いつも心の支えにしています。
B’zのライブに行くことが生き甲斐のようになっているので、仕事やプライベートで辛くても、それまで頑張ろう!という気持ちになります。
松本さんと稲葉さんの人柄も本当に素晴らしくて大好きなので、一生B’zについていきます!

好きになったきっかけ

私の好きな音楽はポップミュージックです。
テレビの「のどじまんザワールド」で初めて見た時に、ニコラスエドワーズさんを好きになりました。
なによりも良いなと思うポイントは、アメリカ人なのに日本語が上手な所です。
そして外見も素敵で、突然日本に来た王子様みたいな人だなと思います。
ニコラスエドワーズさんは、この番組で2度優勝をしています。
有名歌手の方の音楽を歌っていましたが、完璧に日本語や歌をマスターしている点が素晴らしいです。
ニコラスエドワーズさんのオリジナルアルバムやCDは3枚ありますが、素晴らしい曲ばかりだと思います。
マイファーストラブソングはデビュー曲となりますが、素敵なメロディです。
アメリカから日本に来日する時に、沢山の別れがあったと思いますが距離が遠くても愛は変わらないと思えるような曲となります。
聞いていると切なくもなりますが、新しい自分やこれからの未来に期待したい気持ちになるのではないかと感じます。
セカンドアルバムでは、色々な気分になれるメロディの曲を歌われています。
日本語ヴァージョンと英語ヴァージョンの2種類が購入出来るので、自分の好みに合わせて聴いている人も多いです。
私は両方購入しましたが、どちらかと言えば英語ヴァージョンを聞いています。
アメリカ人なので、英語はペラペラです。
同じ曲でも日本語と英語では、聴いた印象もだいぶ変わります。
特に好きな曲は、「世界中でひとつの」と「恋しちゃったよ」です。